• Uncategorized

    通貨を選ぶポイント

    為替レートは金融機関同士の取引に使われるレートですが、個人が外貨預金などをする時には為替手数料を上乗せしたレートが使用されます。外貨預金を始めるときに適用されるTTS,引き出す時に適用されるTTBという2通りのレートがあります。この為替手数料は金融機関によって違います。また、通貨の種類によっても何倍もの開きがあります。アメリカドルやユーロのように流通量が多い通貨は為替手数料が結構安いのですが、流通量が少ない通貨は調達コストが高くなるため為替手数料が高くなります。通貨を選ぶポイントとしてまずは情報を徹底的に集めることが大事です。通貨を選ぶ時には一つに狙い定めるのではなくて特徴の異なる通貨をセットで何個も持つ方がいいです。例えば、アメリカドルやユーロを中心にして、ニュージ–ランド、ブラジルレアル、南アフリカランドなど組み合わせたりするのはどうでしょうか。為替レートは毎日動いているのでやはり日々の情報収集が大事です。

  • Uncategorized

    外国為替市場の概要

    人々が一定の囲いのある場所に集まって取引をする市場を「ブースマーケット」といいます。青果市場や魚市場などがこのブースマーケットにあたります。これに対して、外国為替市場は電話を使って外貨の売却や購入などの取引をするため、電話でつながれた市場という意昧の「テレフォンマーケット」であると考えられています。 その証拠に、外国為替取引の多くは電話やテレックスといった方法で行われてきました。映画などで為替のブローカーが電話を持って威勢よく話をしているシーンを見たことがある人もいるのではないでしょうか。しかし最近、とくに1980年代半ば頃から、世界の為替市場でキーボードを叩いてスクリーン画面を通して行う取引が一般的になってきています。なかでも銀行間市場ではその動きが顕著です。 日本でも、ブローカー経由の取引以外では、スクリーンを見ながら外国為替取引を行うことが主流になってきています。電子ブローキングと呼ばれるものです。ロイターやテレレートなどの海外の通信社が、こうしたディーリング機器の開発に注力していましたが、最近では日本でも為替ブローキング業務をスクリーンで行える機器の開発が外国為替ブローカーを中心にスタートしました。これが実用化にたどり着けば、ディーリングルームに電話を通した大声が響くことがなくなり、キーボードを叩く音のみが聞こえるようになるでしょう。完全な「スクリーンマーケット」の誕生ということです。

  • Uncategorized

    為替介入とは

    日本では、変動相場制なので、市場で自由に決めていいことになっていますが、行き過ぎると困るため、日本銀行が為替レートを調整しています。為替介入とはそういうことです。介入をすることは、為替が動くということですので、配慮してください。日本やアメリカの場合は、介入するかどうかを決めるのは財務省です。 一般的に、為替介入は相場の動きを止めようとして、することです。最初は変動を止めきれず効果が見えませんが、続けることで効果が現れるようです。